むし歯治療

むし歯とは?

むし歯は、原因菌が作る酸が歯を溶かしてしまう病気です。

原因菌である細菌は、歯に付着して歯垢を作り、やがて酸を作ります。
この酸が、歯のカルシウムを溶かし始めます。
そのまま進行すると歯に穴が開き、元には戻らなくなります。

むし歯は歯周病と同じように、重症になるまで症状が少なく、自分では気づきにくいです。
しかし、定期健診などで早期発見できれば、進行を防ぐことができます。

治療内容

むし歯は段階的に進んでいきます。
そのためにもC0やC1の早い段階で来院いただくことで、虫歯の進行を防ぐことができます。

◆CO(シーオー)
歯の表面のエナメル質が溶け始めた(脱灰した)状態
症状
・痛みはない
・歯の表面が白っぽく濁っている
治療
・歯科医院でのフッ素塗布
・毎日のセルフケア


◆C1(シーワン)
虫歯がエナメル質だけにあるもの
症状
・痛みはない
・茶色の穴・溝ができる
治療 
・コンポジットレジンなどの詰め物をします
(虫歯の出来方や部位によって治療法が異なります)


◆C2(シーツー)
エナメル質の内側にある象牙質(ぞうげしつ)にまで虫歯が進行した状態
症状
・痛みがある
・歯に穴が開いている
・冷たい物や甘いものがしみる
治療
・コンポジットレジン、インレー、FMCなどの詰め物や被せ物をします
(虫歯の出来方や部位によって治療法が異なります)


◆C3(シースリー)
虫歯が象牙質を超え、神経まで進んだ状態
症状 
・歯に穴が開いている
・何もしなくても痛む
・冷たいもの・熱いものがしみる
治療 
・根管治療(神経の治療)を行い、土台を作り、被せ物をします


◆C4(シーフォー)
歯の全体が細菌に感染しており、歯の頭がほぼ残っていない状態
症状
・冷たいもの・温かいものがしみる
・大きな穴が開いている
・以前痛みがあったが、痛みを感じなくなった(歯が死んでしまった状態)
治療
・歯を残せる場合は根管治療をしてから被せ物をします
・歯を残せない場合は抜歯をします

むし歯を予防するために

むし歯の予防には、毎日の歯みがきが重要です。
歯ブラシでむし歯の原因である歯垢を除去し、さらにフッ素入り歯みがき粉を併用することで、歯質を強くし、むし歯を防ぐことができます。


タイトルとURLをコピーしました