むし歯治療


むし歯は、口の中に存在するむし歯の原因菌が作る酸が歯のカルシウムを溶かし、やがて穴があいてしまう病気です。

原因菌である細菌は、まず歯に付着して歯垢を作り、食べ物に含まれる糖質を使って酸を作ります。

この酸が、エナメル質の内部から歯の成分であるカルシウムやリンを溶かし始めます。(これを「脱灰(だっかい)」といいます)

歯の成分が溶け出す脱灰(だっかい)が始まり、やがて歯に穴があいて、むし歯になります。穴があく前の「初期むし歯」は、唾液の働きや毎日のケアで修復することができます。

むし歯治療

◆CO(シーオー)
歯の表面のエナメル質が溶け始めた(脱灰した)状態
症状 
・痛みはない
・歯の表面が白っぽく濁っている
治療 
・歯科医院でのフッ素塗布
・毎日のセルフケア


◆C1(シーワン)
虫歯がエナメル質だけにあるもの
症状
・痛みはない
・茶色の穴・溝ができる
治療 
・コンポジットレジンなどの詰め物をします
(虫歯の出来方や部位によって治療法が異なります)


◆C2(シーツー)

エナメル質の内側にある象牙質(ぞうげしつ)にまで虫歯が進行した状態
症状
・痛みがある
・歯に穴が開いている
・冷たい物や甘いものがしみる
治療
・コンポジットレジン、インレー、FMCなどの詰め物や被せ物をします
(虫歯の出来方や部位によって治療法が異なります)


◆C3(シースリー)
虫歯が象牙質を超え、神経まで進んだ状態
症状 
・歯に穴が開いている
・何もしなくても痛む
・冷たいもの・熱いものがしみる
治療 
・根管治療(神経の治療)を行い、土台を作り、被せ物をします


◆C4(シーフォー)
歯の全体が細菌に感染しており、歯の頭がほぼ残っていない状態
症状 
・冷たいもの・温かいものがしみる
・大きな穴が開いている
・以前痛みがあったが、痛みを感じなくなった(歯が死んでしまった状態)
治療
・歯を残せる場合は根管治療をしてから被せ物をします
・歯を残せない場合は抜歯をします


さくら歯科クリニック
タイトルとURLをコピーしました