歯周病治療

歯周病とは

歯周病とは歯の周りの組織、歯肉(歯茎)、歯槽骨(歯を支える骨)などの病気です。
歯周病の原因は歯垢の中の細菌です。
「沈黙の病気」と呼ばれ、痛みなどの自覚症状がほとんどなく、静かに症状が進行していきます。

歯周病は大きく、歯肉炎と歯周炎に分けることができます。

歯肉炎
歯肉のみに炎症が生じたもので、歯槽骨には病気が進んでいない状態。 
歯肉炎は歯周炎の前段階です。
歯周炎
炎症が歯肉から、歯槽骨まで進んだ状態。
歯周ポケットから膿が出たり、歯槽骨が溶け、歯がぐらついたり、口臭が増加します。


下記項目に多く当てはまる方は注意が必要です
□ タバコを吸っている
□ あまり歯磨きをする習慣がない
□ ストレスを感じることが多い
□ 口呼吸をしている
□ 歯茎の色が悪い
□ 歯を磨くと出血する
□ 口の中がネバネバし、口臭がする
□ 歯茎がかゆい
□ 歯が長くなった気がする

歯周治療

歯周病は、歯肉炎~重度歯周炎で治療方法も異なります。
まずは歯周病の検査を行い、一人ひとりの状態に合わせ、歯石除去、PMTCを行います。
その後は安定した状態が続くように定期健診をお勧めしています。

◆スケーリング(歯石除去)
歯周病の原因となる歯石は歯ブラシでは取れないため、専門の器具を使用して除去します。

◆PMTC
歯科衛生士が専用の器具を使用し、歯磨きだけでは落とせないバイオフィルムを落とします。
PMTCを行うことで、汚れが付きにくくなり、歯周病予防にも効果があります。

◆定期検診
歯周治療後は歯周病にならないために、定期検診が最も有効な治療方法です。
歯周病予防に効果的なPMTCなどのクリーニングから、ブラッシング指導など毎日のセルフケアの提案もしております。


歯周病は生活習慣病であり、継続して改善していく必要があります。
歯周病の改善を一緒に頑張っていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました